英語弁論大会優勝はスマホホームステイのおかげです!

中学で英語につまづき、高校に上がってからもやはり英語は苦手です。
でも、この度僕は英語弁論大会で優勝することができました。

今でも正直英語は苦手なんです。
でも、英会話は得意になりました。
それもこれも、相談員さんが勧めてくれたスマホホームステイのおかげなんです。

英語は苦手でも英会話は得意。
矛盾してると思うでしょ?
でも、英語と英会話って授業でも分かれてるんですよね。

ネイティブの先生も交えた英会話の授業でも、正直日本人のために用意されたカリキュラムで進むので、実際にあの授業を受けていて英会話ができる様になるとは思えません。
だって、話せる様になった今だからこそ余計に、あの授業でやってる内容があまりに幼稚で面白くないんですから。

僕は英語が嫌いでも、英語を喋ります。
今ではアメリカンスクールに通うネイティブスピーカーと一緒に、いろいろな活動をしたりもしているほどに話せます。
でも、英語は大嫌いです。

この矛盾が全く矛盾していないと自信を持って言えるのは、スマホホームステイで英会話が身についたからなんです。

僕のこの変な表現が正しいことを証明します。

英語が嫌いな僕がなぜ弁論大会に?

僕は英語が大っ嫌いです。
これは何度でも言いますよ。

そもそも、中学の時にどれだけ質問しても正しい答えを教えてもらったことがないんです。
それなのに、英語を理解しろ!なんて無理矢理な根性論すぎるとは思いませんか?

英語が嫌いと言い切る理由は【文法】です。
決まった形があるのはわかります。
これは数学の公式と一緒でしょ?
でも、公式には理由があるじゃないですか。
でも、英語の文法についてはなぜこの形じゃなければならないのかっていう明確な説明ができないんです。
これ、どの先生に聞いてもそうでした。

先生自身が理解しきれていないのに、僕にどうしてその文法を理解できるというんですか?
無理に決まってるじゃないですか。
理解できない文法を覚えろと言われる方が、僕の中では明確な矛盾だったんです。

それに、単語も嫌いです。
例えば【High】なんて大嫌いですね。
これをカタカナで書いた時、読み方は【ハイ】ですよね?
ghどこ行ったんですか?
こうやって消えてしまう文字に何の意味があるんですか?
これも、どの先生も明確な答えをくれたことがないんです。
師として教える人が【教師】じゃないですか。
ちゃん路教えられない人に教わっているという矛盾。
これすらも僕の中では明らかな矛盾なんです。

ここまでが英語を嫌いになったそもそもの理由になるんですが、見る人が見たらただの屁理屈で済まされちゃうんです。
それさえもわかっているんですが、僕の性格上【理解できないまま進むのが嫌】なんです。

そんな中、高校の英語担当の先生から提案された「お前、弁論大会でないか?」という無茶振りです。
僕には全く理解できませんでした。
英語、正直に言えば赤点ですよ。
100点満点中30点以上取らなければ赤点と言われていて、この前の中間試験12点です。
真っ赤っかの僕になぜ白羽の矢を立てたのか?

「お前赤点だから、これ出て評価あげないと留年だぞ。」

…明確にわかる理由ありがとうございました。

弁論大会に課された担任から僕への課題

その日のホームルーム、担任から呼び出しが入った。
特に何かしたなんて覚えはなかったので、なぜここで呼ばれたのか分からなかったんです。

「お前、英語弁論大会出るんだって?ビリにだけはなるんじゃないぞ?流石にクラスの恥だから。」

普通こんなこと生徒に言いますか?
いつも誰かに目をつけられないようにひっそりと過ごしていますよ。
今回も赤点がなければ、こんな弁論大会に選出されることもなかったんです。
なのに、担任からはこんな言われよう。
もう腹が立って仕方がありませんでした。

真っ直ぐ家に帰れば良いものを、僕が普段入り浸っている相談室に足が向かってしまったんです。
そこには、いつも僕と話をしてくれる相談員さんがいつもと同じ優しい笑顔で迎えてくれました。

「また来たのか?今日はどうした?」

僕はここに来るまでの経緯を全部一気に話しました。
そこにあった怒りも憤りも落胆も全てをそのまま相談員さんにぶつけました。
そして、今僕に何ができるのか分からないという泣き言も一緒に伝えました。

「君は全てを理解したいんだよな。でも、それは無理だ。みんな理解できていないことを君だけが理解できるわけがない。でもな、英語弁論大会だけなら、ちょっとだけ力になれるかもしれないぞ?」

そう言って一つのホームページを見せてくれました。

「これ、スマホホームステイっていってな、私が英会話を覚えるために使ったツールなんだ。これは英語は覚えられないけど、英会話だけならしっかりと覚えられるんだ。弁論大会は3ヶ月後だろ?スマホホームステイならゆっくりやっても2ヶ月あればちゃんと喋れるようになるから、ちょっと使ってみたらどうだい?」

相談員さんはいつも真っ当な答えをくれます。
そして、今日は僕の悩みを解決するためのツールまで示してくれました。
この人が教師なら、きっと僕はもっと素直に学校生活を送れるんだろうなぁ。

相談員さんに教えてもらったスマホホームステイ

両親に僕が英語弁論大会に選出されたことを伝えると、2人とも「まさか」という顔をして僕をみた。
そりゃそうだ。
英語が嫌いだと2人とも知っているし、僕が自分から人前に出たがる人間じゃないってこともよく知っているんですから。
つまり、選出された理由まで伝えなきゃいけないってことです。

「英語の赤点の救済が弁論大会への選出。担任からはビリになったら恥だからビリにだけはなるなって言われた。」

そう、ここをいうのは正直ビリになるよりも恥だと僕は思った。
両親は担任の言葉に憤っていたが、そんなことよりも僕は相談員さんに教えてもらったスマホホームステイの存在を両親に話した。
どうやっても僕1人じゃ仕様を決められる状況じゃなかったし、両親の協力が必要だった。

「お前が頑張ろうって気持ちがあるなら全力で応援するよ。」

両親はスマホホームステイをその場で契約してくれた。
細かい内容なんて僕もみていなかった。

数日後、スマホホームステイのセットが届いた。
僕は中身を見て驚いた。
VRゴーグルが入っている!
使い方も、1日たった30分だけで英語が話せるようになると書いてあるし、継続期間は2ヶ月だとも書いてあった。

(たった2ヶ月で英会話習得…しかも1日30分だけの勉強で…)

全てを信じるには情報が足りなすぎた。
相談員さんは2ヶ月で大丈夫といっていたが、僕の中で中学3年間で英語が大嫌いになったというのに、たった2ヶ月で英会話を習得できる道理がなかったんだ。

次の日、僕は相談員さんにスマホホームステイ持参で会いに行った。
どうしてこれで英会話が習得できるのか納得させて欲しかったんだ。

「そんなもん分からないよ。私もこれで習得できたってことしか言えない。でもね、英会話だけなら歌を覚えるようなもんなんだよ。難しい理論なんていらない。聞いた音を素直に覚えてその音とリズムだけで通じるんだから、難しい文法なんて覚えなくても通じるんだよ。私も文法は得意じゃないなぁ。」

歌と一緒。
この表現に僕は全てのもやが晴れた気がした。
確かに歌と同じなら少し繰り返すだけで覚えられる。
つまり、英語が聞き取れさえすれば、あとは同じ音を同じリズムで出せばいいだけってことだ。

この日から僕のスマホホームステイ生活がスタートした。

いきなり話せるようになるスマホホームステイ

1日30分、これを僕は毎日守った。
たった30分でできることなんて大したことではないけど、少しずつAIスピーカーとの相性が良くなっていくのがわかる。
VRゴーグルの中に住んでいるおばちゃんも、日に日に僕との会話がしっかりと成立していく。
ハッピーリサイタルって機能は、今の僕にはまだ早かった。

来る日も来る日も、僕はAIスピーカー15分とVRゴーグルを5分つけて英会話に没頭していた。
そして、ようやく転機が訪れたんだ。

今までグジャグジャって聞こえていたAIスピーカーの発音がいきなりクリアに聞こえた。
それに合わせて同じように音を出してみる。
いや、こうじゃない。
もっとこう舌の使い方が違う気がする…そう、こうだ。

とても簡単に言葉を受け入れられるようになったのが、スマホホームステイを始めてちょうど3週間目だった。
この勢いでVRゴーグルをつけてみると、中に住んでいるおばちゃんの言葉がはっきりと聞き取れる。
この3週間、いろいろなパターンの質問と返事の仕方、日本語の単語に対する英語の音を聞き込んでいたせいか、意外と単語だけを組み合わせれば会話って成立するもんなんですね。
ここに文法が組み合わされれば、英会話はもっとスムーズになっていくのか。
でも、その文法が大嫌いという僕に、この先どうしろというんだろう。

行き詰まったところで、また相談員さんを訪ねることにした。
僕が英語を聞き取れるようになったことで、文法という大きな壁にぶつかっていることを、この人はまた完璧な答えで迎えてくれた。

「文法の覚え方なんて私は知らないよ。ただ、ハッピーリサイタルで色んな人と会話してみることでどんな風に話していけばいいのかがわかるんだよ。いいかい?英会話は歌なんだよ。こんなことを伝えたいって気持ちは、単語と単語をつなぐ言葉で意味を持っていくんだ。そのつなぐ音がわかればもう完璧な英会話なんだよ。」

本当にこの相談員さんの言葉はスッと僕の心の中に飛び込んでくる。
本当にこの人が教師だったら、世の中に学校嫌いな子はいなくなるんじゃないかな。

相談員さんがいう通り、ハッピーリサイタルでは会話というプロセスがしっかりと理解できるようになっていく。
僕はこの日から2週間、みっちりとハッピーリサイタルで出会った人たちといろいろな話をした。
このあと英語弁論会が控えていて、しっかりとした英会話ができるようにならなきゃならないことを伝えると、みんなとても協力してくれた。
明日も同じ時間に話そうとか、同じ英語の本を暗記して読み合おうとか、いろいろな人の協力を得ながら僕の英会話力が培われていったんだ。

そして、僕は思い切って英会話の授業中にネイティブの先生に話しかけてみた。
先生はとても驚いて僕と少しの間、小声でだけど談笑に付き合ってくれた。
今度の英語弁論会に選ばれて、必死で英会話を勉強してることを伝えると、先生は「君の英語はネイティブでも全く違和感を感じないしっかりとした英語だよ。」といってくれた。

僕はその日、相談員さんに会いにいった。
いつも通りの笑顔で「また来たのか?」といって迎えてくれた。

「スマホホームステイを教えてくれたおかげで、英語を話す人と何度もやりとりもできたし、今日はネイティブの先生にも褒められるくらいの会話力があるって言われたんだ。スマホホームステイを教えてくれてありがとう。」

僕はなんだか恥ずかしくなってきたけど、これだけは伝えなきゃと思ってここにきてしまった。
相談員さんはニコニコしてお茶を淹れてくれた。
それを飲みながら、2人で本番の日を想定して色々と話し込んでしまった。

スマホホームステイのおかげで優勝できた英語弁論大会

弁論大会当日、僕は自分の番をしっかりと話抜いた。
僕がここで述べたのは【なぜ日本の英語教育は幼稚なのか】というテーマだ。
僕がこの英会話力を身につけられたのは、3ヶ月前に相談員さんにスマホホームステイを教えてもらったからだ。
決して学校教育のおかげではない。
でも、たった3ヶ月毎日いろいろな人と会話するだけでこれだけの英会話力を手にすることができたという実体験を、先生たちの前ではっきりと伝えた。
そこには、ネイティブの先生も審査員として座っていた。
英語の担当教師も、英会話の日本人教師も、かなり表情が曇っているが、ネイティブの先生はとても清々しい顔を僕に向けていた。

僕の弁論が終わり、相談員さんが僕の席の後ろに来てくれた。

(しっかりと文法も覚えられたじゃないか)
(音とリズムだけだから、文章は書けないけどね)

そう、僕は英語が大嫌いだ。
それはこの弁論大会で優勝したからといって何も変わらない。
でも、英会話はいろいろな人との出会いを与えてくれた大切な僕の財産になっている。

英語は嫌いでも英会話はできる。
これが僕のこの変な表現が正しいことの証明です。